必要な書類

カードローンを利用するにあたっては、必要な書類も数々あります、まずは収入証明書です。これにつきましては、借入金額が少ないような場合には、用意する必要はないですが、高額な借入れをする場合や、ネットで申込みが完結してしまうような場合には、必ず必要になる書類です。そして、本人確認のために、運転免許証やパスポートの写し、健康保険証の写しを提出する必要もあります。

必要な書類は、申込みをする際にアップロードをすることで完結する場合もあります。即日のカードローンの場合には、パソコンやスマホ、携帯電話などを使って、ウェブで申し込むことが多いので、最低限の書類を送付すれば、ご自身の指定口座にお金を振り込んでくれます。しかし、その後は正式な契約を締結するために、カードローン会社から契約書や申込書が届く場合が多いです。契約書に記されていることはとても重要なことが多いので、小さい字で見にくい場合でも、しっかり目を通すことが必要ですし、わからない部分がありましたら、しっかりお客様相談センターなどに確認をする必要があります。

そして契約書の内容に納得しましたら、申込書を記入し、署名・捺印をした上で返済をすることになります。即日融資のサービスを提供してくれていても、さまざまな書類を用意することはとても面倒ですので、申込み手続をしっかり把握して、金利が安く、労力を要さないカードローン会社を選択してください。

総量規制について

即日カードローンを利用する際には、法律で利用限度額が定められています。総量規制というものですが、銀行を除いては、年収の3分の1以上の借入がある場合には、融資をすることができないのです。ですから、銀行系や消費者金融系の会社に申込みをしましても、借入れをすることはできません。年収の3分の1もの借入をしていること自体が、かなり返済に困っているという状況ですので、銀行ならば借入の申込みはできるものの、おそらく審査に通らないと思います。

年収の3分の1まで借入れてしまいましたら、あとはしっかり返済することに徹するべきです。仮に銀行からお金を借りられても、毎月の返済は苦しくなるばかりです。借金癖のある方は、気持ちを切り替えることが必要です。最悪の場合には、多重債務・自己破産申請などをしなければならなくなってしまいます。しかし、即日ローンで借入れることができるカードローンは銀行のみです。ですから、利用限度額を高くしたいような方は、すべての銀行系や消費者金融系の債務を全て返済して、銀行で申込みをすれば年収の3分の1以上の借入れも可能となります。

また、銀行も含めあらゆるカードローン会社では、ローンの一本化というサービスもあります。多重債務者の方は、毎月の返済日などを忘れることのないように振り込みやご自身の口座にお金を用意しておくことが必要ですが、約定日はそれぞれですので、管理が大変です。しかし、金利がより安いカードローン会社に一本化が実現できれば、金利も安くなりますし、管理もしやすくなります。