即日のカードローンを利用できる金融機関は、銀行や信販系、銀行系や消費者金融系の会社など様々です。各業者により、審査に要する時間は異なりますが、最短ですと数分で審査が完了し、ご自身の口座に振り込んでもらえるのです。即日融資のサービスを提供している会社は多いものの、それぞれ金利の条件や返済方法などが異なりますので、申し込む前にしっかりと条件を確認する必要があります。

いくら審査の時間が早くとも、金利が高ければ、金利負担分が多くなってしまい、結果、総返済額が大きくなってしまいます。以前は、銀行はカードローンのサービスをしていなかったのですが、今では、銀行本体がカードローンサービスを提供しています。審査にかかる時間も短く、即日で借入ができる銀行もあるのです。テレビCMなどでも、宣伝していますので、みなさんよくご存知だと思います。

できれば、ノーローンなどの消費者金融系の会社ではなく、銀行へ申込みをすることがよろしいと思います。金利などの条件が良いのです。カードローンを利用する場合には、即日で融資を受けられることを望んでいる人が多いと思います。しかし、容易に借入先を決めるのではなく、あらゆる条件をしっかり把握して、申し込むことが必要です。

ただし、気をつけなくてはならないことがあります。ご存知でない方も多いと思うのですが、複数社の会社に一度に申込みをしてしまうことです。信用情報機関といい、個人の金融情報を管理している組織があり、申込み情報も登録されているのです。ですから、申込みをする際には、事前に条件を確認して、特定の会社に申し込むことが必要です

金利の安さ

即日のカードローンを発行してくれる会社は、さまざまですが、金利に差がある場合が多いです。大手の銀行が提供しているカードローンサービスでは、金利が14%の業者もあるのです。現在では、利息制限法とう法律があり、18%の上限金利が定められています(少額の場合には20%)いくら即日融資が可能だからといって、18%もの金利を課せられるのは、決して有利な条件ではないと思います。

金利は、日割りの計算がされますので、長い間借り続けていますと、金利負担分はより大きくなります。18%の金利でも、すぐに返済をするならば、そんなに金利負担分に変わりはないのですが、数年に渡るようなリボルビング払いをする場合には、借入れ元本があれば、それに金利が付与されて、元本分と金利分を毎月負担しなければならないのです、例えば、銀行の適用金利が14%で消費者金融が18%の場合には、1年間お金を借りていたとしますと、単純計算をしても4万もの金利負担分が異なるのです。

即日融資はできなくとも、金利が安いことをメインに考えるべきだと思いますので、急なお金が必要ななることに備えて、利用限度額をおさえて、金利の安い銀行などに申込みをすればよろしいと思います。また、中には、初回の利用については、30日間で返済をすれば無利息で借入ができる会社や、何度でも1週間以内に返済をすれば無利息というサービスを提供している会社もあります。金利の情報はしっかり調べておく必要があります。

審査のスピード

すぐにでも現金が必要になる場合もあると思います。まとまったお金の場合には、申込みをしてからすぐに審査をして、即日に無人契約機でカードを受け取る方法や、ご自身の指定口座に振り込みをしてもらう方法があります。審査に必要な情報は各金融機関によりことなりますが、基本的に安定した収入があって、しっかり返済をすることが必要条件になります。

大手の多くのカードローン会社は、過去の業務実績などがしっかりありますので、融資に対するノウハウもあり、収入証明書などを必要とすることなく、借入れが可能なのです。各社審査スピードは異なりますが、基本的には、本人確認や会社への在籍確認などをすることになりますので、数十分の時間が必要になることが多いですが、銀行系や消費者金融系の会社では、在籍確認なども不要で、メールのやりとりだけで、審査結果がわかる場合もあります。そして、どうしても即日にお金が必要な場合に、最も簡単な方法はインターネットで申込みをすることや、無人契約機などを利用すればよろしいです。

ネットで申込みをすれば、指定口座にお金を振り込んでもらうことが可能ですし、無人契約機ならば、その場で審査が完了し、カードを発行してもらえるのです。カードさえ手に入れば、提携している銀行やコンビニのATMですぐに利用することができます。ただし、利用限度額が決まっていますので、その範囲内で何度もいつでも利用することができるのです。